2005年05月30日

ラムネ

5月のドリンクレビューのお題が炭酸飲料
ということで
滑り込みでコレを

コカコーラも捨てがたかったのですが
昔懐かしいラムネをチョイスしました
瓶の容器にビー玉で栓をされているスタイルは
変わっていないようです
逆にこうじゃなきゃラムネじゃない気もしますが
昔の容器は
子供だったので非力だからかもしれませんが
栓を開けるのにコツがいったように思いましたが
なんだか簡単に開けられる仕様になってました
また、リサイクルを考えてか
瓶の先のプラスティック部分も
簡単にとれるようになっています

で、面白かったのがパッケージに書いてある注意書き
「万が一ビー玉が落ちていた場合、ビー玉落ちです。」
ビー玉落ちって(笑)
業界用語なんでしょうか?そのまんまですがっ!

味はレビューするまでもないですよね
あの味です

余談ですが…
写真の後、開栓したのですが…
机があふれたラムネでビシャビシャに…
。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

posted by まなぞう at 23:49| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

一服健茶

一服健茶

タバコを吸う人の旨味茶だそうです
なんでもタバコを吸う人のことを考えて
11種類の植物から抽出・開発された注目のエキス
「ニコエン」が配合されているそうです
このニコエンは
カラダからニコチンを排出する機能を持っているそうです
このニコエンを世界で初めて飲料に配合したのが
このお茶のようです

タバコは吸うけど
自身の健康を心配しているという人向けなんでしょうか?
どれだけ効果があるかはよくわかりませんが
食べてもいけるダイエットみたいなものでしょうか?
要は気の持ちようなのかもしれませんが…

機能茶ということもあり
コンビニで見かけたお茶の割にメーカーは製薬会社です
メーカーがメーカーだけに信憑性はあるかも!?

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 20:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

さんぴん茶

さんぴん茶

こちらも沖縄物産展で手に入れました
沖縄のお茶といえば
ゴーヤー茶とさんぴん茶が定番でしょうか?
何度も書いてますが
要するにジャスミン茶なんですよね

で、このお茶
他社と違う点がひとつ
グァバ葉を配合しているんですね
パッケージによりますと
グァバ葉を配合することで、口の中がスッキリと香るお茶に
仕上がったそうです
また、詳しくは書かれていませんが
ポリフェノールも配合されているようです

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 22:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャスミン茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

白川茶

白川茶

ご当地お茶のようです
岐阜県の白川町産だそうです
白川茶とは400年以上歴史があり
お茶の栽培の北限といわれる、標高の高い急な山を
切り開いた茶園で栽培されているそうです
飛騨川水系・白川の清流からわき上がる朝霧と
山の緑につつまれ、
昼と夜の温度差が大きいので
銘茶の産地としては理想的な条件を備えているとのこと

メーカーも明治3年創業の老舗で、
パッケージにもお茶屋さんのこだわり緑茶と書かれています
どんなこだわりかといえば
「お茶と話し」「環境を考え」「無農薬有機栽培」「手摘み」
なんだそうです
結構すごいことかもしれません

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

伊右衛門新茶

伊右衛門新茶

今春の新発売緑茶ラッシュと新茶の季節ということで
唯一動きの無かったサントリーから
伊右衛門ブランドの新茶が出ました

パッケージも新芽を意識してか
従来よりも明るい緑ですね
初摘み茶葉の清々しさと書かれています
茶葉は国産100%の新茶で作ったそうです
まぁ新茶と謳っているのであたりまえといえばあたりまえですが

同時にキャンペーンも行っているようです
ここのクイズに答えると
「伊右衛門 壱百萬円 京都・四季の旅」がプレゼントされるようです
年4回京都の高級旅館に招待してくれるそうです
四季折々の京都
近いんですが、高級旅館に惹かれるなぁ…

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:46| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

玉露入り お茶

玉露入りお茶

サッポロ製わかりやすいネーミングのお茶です
ほんのり甘み、豊かな旨味だそうで
無香料・無着色、自然なお茶にこだわります
とのことです
正直へぇ〜としか思いませんが

最近は茶葉の産地を冠にしたお茶が増えてきましたが
特に明記されていません
しかし、茶葉の選定・抽出方法にこだわったが故に
甘さ・香り・旨さを併せ持つ玉露と
スッキリとした煎茶の絶妙なバランスをお楽しみいただけるそうです
そして極めつけ宣伝文句がコレ
「緑茶を知る人ほどお試しいただきたい
当社の自信作です」
「玉露にしませんか。」
えらく自信満々なこのお茶
果たしてどうなんでしょう?

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 22:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

おーいお茶

おーいお茶

定番中の定番ですが
実は取り上げていませんでした…

今年で緑茶飲料が発明されてから20年が経つそうです
それを期にさらなる進化を遂げるため
5/16より新バージョンが発売されました
生茶が変わったのと同じような感じですね
で、2月くらいからニュースリリースで流れ
発売までに生茶が大々的にプロモーションしてきたので
こちらもかなり大きなプロモーションが行われるのかと
思いましたが…えらく地味でした
パッケージも微妙にしか変わってません
(ちなみに左が旧・右が新です)
見分け方は新バージョンは「おいしさは香り」と書かれています
あと蓋のデザインが変わってます

で具体的に何が変わったかというと
自然抽出・フレッシュ製法を使用しているそうです
さらに従来のナチュラル・クリア製法が進化し
品質安定性の向上・緑茶本来の香りと鮮度を守っているそうです

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 11:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

種入りゴーヤー茶

種入りゴーヤー茶

沖縄物産展で見つけました
種入りとありますが種は入っていませんでした
どういう意味だったんでしょうか?
以前飲んだのは純粋にゴーヤだけだったみたいですが
このお茶は焙煎シークヮーサー配合なんだそうです
無理矢理沖縄っぽさを強調したんでしょうか?
パッケージには
深みある味とシークヮーサーの風味がマッチしたその味は、
ほっと一息したいときにピッタリのお茶です。
と書かれています
正直飲む前から
ゴーヤとシークヮーサーはあわない気がするんですが…
イメージだけで逆に意外といけたりするんでしょうか?

余談ですが
シークヮーサーの小さい「ヮ」の字は
日本語として正しいのでしょうか?
他に「ヮ」を使うものって思い浮かびません…


 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 01:02| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他のお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

烏龍新茶(2005)

烏龍新茶(2005)

新茶は新茶でも烏龍茶の新茶です
以前に昨年のバージョンを取り上げましたが
今年もそんな季節が来たようです
今年のバージョンはサイズも変わっています
デザインも一新されて
金を基調としたものに変わっています

烏龍茶は早いところでは3月中旬から収穫が
はじまるそうです
この時期にとれるお茶は春茶と呼ばれ
日本の緑茶同様、味・香りともに一番濃厚なんだそうです
また、中国で生産される烏龍茶のうち
生産量の占める割合が1%に満たない
早場所の「黄金桂の春茶」を使用しているんだそうです。
こう書かれるとおいしくないわけはないと思ってしまいます
(影響されやすいのかも)

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ウーロン茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

お茶犬ミニメタルマスコット

image/manazo-2005-05-18T13:01:37-1.JPG新おーいお茶に付いてます
かなり小さいです
5種類+シークレット2だそうです
陶器のマスコットが揃わないまま次のキャンペーンになってしまいました
今度こそコンプめざします
posted by まなぞう at 13:01| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | おまけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

本麦

本麦

夏が近づいてきたのを感じさせる商品ですね
アサヒの本麦
麦茶です

私はあまりペットボトルの麦茶は買いません
緑茶と違って麦茶っていうのは
家で作った方がおいしいと思っていて
元々冷やして飲むものと思っているからなんですね
冷たくておいしい緑茶はなかなか作れませんから…
逆にホットの緑茶もあまり買いません
でもまぁネタとして取り上げなきゃと思うので
買ってきました

特徴は
スーパークリーンロースト製法で作られているとのこと
なんか必殺技みたいなネーミングですが
時間をかけて丁寧に焙煎することにより
麦粒がはじけず、しっかり芯まで均一にローストされるため
濃くて香ばしく雑味のない味に仕上がるんだそうです
さすがビールメーカーブラックモルトを作るのと同じ製法なんだそうです
パッケージもなんだかビールチックなデザインですよね

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(7) | その他のお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

自然がおいしい 静岡茶

自然がおいしい 静岡茶

セブンイレブン限定販売らしいです
伊藤園にしては珍しいボトル缶で
ボトルがらしくないデザインです
スッキリしていて上品な感じでしょうか?
伊藤園もやればできる子と思ったら
このデザインは「ニューボトル缶デザインアワード2005」
の優秀作品だそうで…

お茶は静岡茶を100%使用
原料である茶葉のすべてを有効利用した
緑茶飲料です
とあります
茶葉のすべてを有効利用ってなんだろう?
と調べてみたら
原料の茶殻を100%堆肥として使用されるようです
また、茶殻を配合した建材や樹脂の開発にも
取り組んでいるそうです
スバラシイ取り組みだと思いますね


 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 11:42| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

本茶房

本茶房

創業1933年「老舗茶問屋 喜作園」観衆のもと
厳選された静岡産茶葉を使用した
本格的な煎茶の風味をご堪能ください
とのことです
最近、若武者といいお茶王国静岡が巻き返しを
はかって来ているようです
このお茶もあからさまに伊右衛門を意識していますよね
京都vs静岡
しかし、イメージ的に
京都の歴史の重みには勝てないとは思いますね
老舗茶問屋といえど
わずか70年余り前に創業したわけですから
京都に来れば老舗とは呼ばれないでしょう
まぁ歴史とお茶の味は全然別物です

このお茶はポカリスエットの大塚から出ていますが
以前に出していたお茶からえらく進化した印象を受けます
本気でお茶に取り組みはじめたんでしょうか?

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 14:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

岡女男面緑茶

岡女男面緑茶

「おかめひょっとこりょくちゃ」と読むそうです
自園FFC栽培茶100%使用と書いてありますが
なんのこっちゃよくわかりません
調べてみたんですが
ひっかかった説明がこれ
FFCとは・・・生命本来の機能を高める全く新しい技術」
ますますわからなくなりました(笑)
要は活性作用のある水を使い
生命本来の機能を高めるということらしいです
有機栽培とコンセプトは似ているのかもしれません

パッケージには「お茶屋さんが選んだ」と書かれています
メーカーの磯田園さんが厳選し
自家栽培し
まろみと香りの味わい仕立てを目指したのが
このお茶というわけですね
やっぱりよくわかりませんが
こういうお茶は結構おいしかったりするので
期待度は高まります

ちなみに、岡女男面茶として 同社からお茶葉も販売しているみたいです
実はブランド品なのでしょうか?


 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

食物繊維力 十六茶

食物繊維力 十六茶

十六茶の亜種かと思いましたが
「食物繊維力」というブランドで行くみたいですね
これの他にアミノ酸飲料バージョンもあるようです
食物繊維の一日の理想的な摂取量はやく20〜25ミリグラムだそうです
それに対し、現代人の平均摂取量は14ミリグラムだそうで
それをこの一本で補おうというわけです

現代人の食物繊維不足を補おうと
これ以外に各社がいろいろな製品を出してきています
5/18・ファイバーの日!を中心に
食物繊維プロジェクトとして活動するようです

この十六茶は
ノンカフェインで子供や妊婦・老人にも優しい商品です
老若男女を問わず
食物繊維摂取を見直そうという思いがあり
主力ブランドである十六茶にもってきたのかもしれません
以前似たようなコンセプトの十六茶を取り上げましたが
さらに一歩進んだ感じでしょうか?


 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 01:36| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 混ぜまぜ茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

Green Tea(Honey)

GREEN TEA Honey

いかにも怪しい感じのお茶です
ROSA GREEN TEA
O君のグァム土産です
グァム土産ですがメイドイン台湾だったりします
Sweechaのとき触れましたがアジアの諸外国では
緑茶に砂糖(ハチミツ)を加えるのが普通らしいですが
まさにまんまのお茶です
緑茶と書いてありますが下に蜂蜜とあります
成分表示によりますと
水・緑茶・ジャスミン・砂糖・蜂蜜・香料
だそうで
水という表記にも驚きましたが
ジャスミンが入っていたらそれはもう緑茶じゃないじゃん
とか突っ込みたくもなります
容器も日本のペットボトルより背が高く
内容量も600ミリリットルです
貴重な一品ですが
味はどんなもんでしょうか?

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 00:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

横濱館 玉露入り緑茶

横濱館 玉露入り緑茶

たまたま行った浜松のスーパーで捕獲しました
横濱館っていうのがブランド名なのでしょうか?
神戸居留地だとか横濱館って
港町のイメージでお茶(緑茶)とは無縁な感じがするのですが
なぜこんなブランド名にするのでしょうか?
よくわかりません
関西では見かけませんが
首都圏ではまぁ見かけるんでしょうか?
結構googleではヒットします

肝心のお茶ですが
やぶ北茶を使用し玉露をブレンドしているんだそうです
やぶ北茶は茶木の品種のひとつで
さわやかな香りとコクのある味が特徴のようです
そこに玉露をブレンドし
味と香りが出るよう
丁寧に仕上げたそうです
さてお味は?


 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

静岡緑茶

静岡緑茶

商品名は静岡緑茶です
詳細は書いていませんがおそらく静岡の茶葉を100%使用してるのでしょう
茶葉へのこだわりだけでなく
水は高野山系の水を使用し
美味しさと飲みやすさを追求したのだそうです

お茶と言えばどこを連想しますか?
一番の生産量を誇るのは静岡県なのですが
おいしいお茶といえば
宇治茶など京都を連想する方も多いのではないでしょうか?
実際ブランド力という観点から見ると
京都・宇治の方が強いのかもしれません
ペットボトルのお茶でも
京都の茶園を強調した伊右衛門が売れてたりしますよね
最近では静岡茶もブランド展開に力を入れ始めたようで
各社で静岡と冠にある商品も増えてきたように思います
こちらは若武者が筆頭ですかね?

このお茶は100円ショップダイソー製なので味はあまり期待しませんが
静岡茶はどんな感じですかね?

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 18:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

伊右衛門手ぬぐい


伊右衛門に付いていました
全5種類だそうです
日本手ぬぐいなんですが…
微妙なサイズで
何に使うのか…

posted by まなぞう at 22:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おまけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

有機の新茶

有機の新茶

有機シリーズの新茶が出てました
鹿児島県産の新茶を100%使用しているんだそうです
有機の緑茶を以前飲みましたが
たしか国産の茶葉を使っていなかったように思います
(現在HPリニューアル中で未確認)
国産の有機茶葉100%使用となれば
それなりにコストがかかりそうなものですが
147円で売ってました
良心的な価格設定ですね
ただ、このシリーズはおいしいのに当たった事がないので
心配ではありますが…

余談ですが、いつも画像を撮影していた携帯が壊れたため
デジカメで撮ったのですが
やっぱりカメラだけあって
画像がキレイですね…

 

飲んだ感想は?
posted by まなぞう at 23:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。