2005年08月12日

伊勢茶

伊勢茶

3度目の伊勢茶です
川原製茶のお茶は2回目なので
前回のもののパッケージが変わっただけかもしれません
細かな味まで覚えていないので
確信が持てませんが…
以前のに比べてデザインがシンプルになってますね
昔の生茶のような色遣いでもあります

伊勢茶の特徴として
茶葉の葉肉が厚く香りが豊かなんだそうです
それに加えこのお茶は
豊かな味と香りを保つために
火入れに工夫をしているそうです

 


飲んだ感想
こんなに渋かったかな?というのが第一印象
以前のレビューを見ていると
べた褒めなので
ひょっとしたら前回のお茶とは
若干違うのかもしれません
確かに旨みがあるのですが
渋さが目立ってしまってます
渋めのお茶が好きな人なら文句なくいけると思います
美味しいのは美味しいのですけど…

No.214
メーカー………川原製茶
お値段………150円
購入場所……おかげ横町

ブログランキングに是非

posted by まなぞう at 23:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5842839

この記事へのトラックバック


Excerpt: 伊勢茶伊勢茶(いせちゃ)とは、三重県内、とくに旧伊勢国で古くから産出していた日本茶のこと。新茶の収穫は、早い所では4月下旬から始まる。主な産地は、北部と南部で代表的な産地は四日市市水沢地区、宮川上流域..
Weblog: お茶辞典
Tracked: 2008-02-07 14:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。