2005年11月17日

正山物語

正山物語

400年前に生まれた「幻の紅茶」らしいです
インドやヨーロッパの茶葉ではなく
中国福建省の山奥で作られてるんだそうです
22代続く江家伝承の茶葉で
正山小種(ラブサンスーチョン)という名前
アールグレイの原点なんだそうです

また茶葉は有機栽培されたものを使用し
もちろん無香料・無着色・無糖です

パッケージには22代当主 江 元助氏の
写真が載ってます
見た感じは…
ただのおっちゃんです
中国では有名なんでしょうか?

 


飲んだ感想
何とも紅茶らしくない味です
無糖だからかすごく特徴のある味が強調されます
どんな味かというと…
正露丸の味を薄めたような味です…
うーん
はまる人にははまる味なんでしょうか?
正直美味しいとは思いません
まぁなかなか飲む機会は無いと思うので
見かけたら試しにドウゾ

No.265
メーカー………トーイン
お値段………140円
購入場所……新大阪新幹線ホーム

ソフトドリンクを買うならここいわゆるソフトドリンクのお店
ブログランキングに是非

posted by まなぞう at 20:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。